さまざまな近代都市はデジタル変革に注力し、テクノロジーを駆使して長年のビジネス・プロセスを再構築し、従来の方法での非効率性を排除しようとしています。ただし、この種の変更は、将来の世代にとって都市そのものが、より良くなることを必ずしも保証するものではありません。動物のために、橋を建設したり木をどんどん植えていくなどのことに注力する必要があります。結局のところ、私たちは子供たちに安全で健康で平和な惑星を与えたいと思っているのです。

動物のために橋を作る

サンフェルナンド渓谷は、カリフォルニア州ロサンゼルス郡の都市化された渓谷です。ここでは、さまざまな保護プロジェクトが最近開始されました。たとえば、リバティ・キャニオン・ワイルドライフ・コリドー(Liberty Canyon Wildlife Corridor )は、動物が道路を安全に横断できるようにします。ライオン、トカゲ、さらには象でさえも、サンタモニカ山脈とシミ丘陵の間を通過できます。これらのタイプのプロジェクトは、他の都市または州でも開始するべきです。

地元の企業にだけ投資する

子どもたちに経済的に強力な都市を提供したい場合は、地元企業にのみお金を投資する必要があります。最近では、多くの投資家が多国籍企業にお金を投資しています。これは一時的に彼らに利益をもたらすかもしれませんが、彼らの将来の世代は金銭的利益を得られなくなるでしょう。私たちは皆、地元のビジネスマンだけに財政支援を提供する必要があります。そうすれば、彼らはその都市の経済成長に貢献できるのです。

公園の重要性を知る

公園はその都市の素晴らしい要素です。それは新鮮な空気を提供し、視覚的に魅力的です。さらに、それは活性化のための意識的なツールとして機能します。私たちは公園の重要性を認識しなければならず、私たちの都市に多くの公園を建設する必要があります。この目的のために、地方自治体と協力することができます。公園は、子どもたちにレクリエーション効果をもたらし、財産価値を高め、地方自治体の収入を増やすことができます。

公共交通機関を導入する

自家用車と比較して、公共交通機関は少ないスペースで複数の人を簡単に運ぶことができます。公共交通機関を取り入れることで、子どもたちのためにお金を節約できます。さらに、自家用車が毎日大量の煙害を空気に与えているため、市の環境は無公害のままですみます。公共交通機関は、私たちと子供たちが混雑した地域で、運転することから生じるストレスを避けるのに役立ちます。

まとめ

より良い都市を構築することになると、テクノロジーの使用だけでは不十分であることが明らかになりました。環境汚染の削減に焦点を当て、動物のための橋を建設し、ますます多くの公園を作る必要があります。地方自治体は公共交通システムを改善する必要があります。これはその個人やコミュニティに多くの利益をもたらすからです。最後になりましたが重要なのは、地元の企業だけにお金を投資すべきだということです。