長年にわたって日本は地震や津波、台風、火山噴火、竜巻、洪水といった多数の自然災害に直面してきました。これは日本が環太平洋ベルトに位置しているためで、公共施設や学校、病院、商業施設、道路、それに民家など多くの建物が崩壊してきました。そのため、日本には多くの建築施工の仕事がたまっており、ボランティアが常に必要になっています。

建設施工のボランティアを背負う世代を育てる

日本には、新旧の破壊された建物を建設するために、ボランティアの登録を奨励している沢山のグループやプログラムがあります。素養や出身にかかわらず誰でも、16歳以上であれば、この様な組織に参加できます。ボランティアには身体的に健康で、手を汚し重労働をする意思と意欲がなければいけません。

日本の建築施工に関するボランティア・プログラム

日本の未来の世代のために建築施工のボランティアをすることは労働時間の面で覚悟が必要です。名古屋、奈良、三重などのいくつかの都市には改修が必要で修復に数週間以上かかる痛んだ建物が沢山あります。したがって、ボランティア達は月曜から金曜まで働くことを期待されますが、その見返りに小額の謝礼と無料の宿泊施設と食事が与えられます。

日本で建築施工のボランティアをするメリット

日本の社会でボランティアをすることは親切な行為であり社会への還元に役立ちます。さらに、沢山のスキルが得られます。例えば、優れたリーダーシップ、時間管理、チームワーク、忍耐力、適切な計画と整理、建設の技術的及び実用的な知識、持続可能なグローバル開発の手法の理解などがそうでしね。ボランティアに参加すれば快適な環境から抜け出して、最終的に思いやりや文化に対する気づきのトレーニングを通して日本の様々な文化のより深い理解を得る事が出来ます。

未来の世代のために建築施工のボランティアの資金調達を行う

大学などが主催する建築施工のプログラムの中には長年にわたり破壊された建物の再建の資金を集めるために長年にわたり、スポーツなどの資金調達活動を行ってきました。あらゆる年齢や性別、素養の人々が新潟、宮城、旭、双葉、広野、千代田の再建のために募金をしました。主な駅はこの資金とボランティア活動で再建されました。

結論

青年海外協力隊(JOCV)と国際協力機構(JICA)は日本の建築施工のボランティア活動が透明性を持って実施されているか見越す最前線にいます。 さらに、ボランティア達はエンジニアや建築家、数量測量士などの専門家によるレッスンで多大な知識を得ます。これによってボランティアの能力や経験値が上がり日本の都市での社会経済発展に寄与します。