世界自然保護デーは毎年7月28日に開催されます。良い環境を保つ為には資源を賢く持続可能な形で使うことが必要であると思い出させてくれます。消費を控え節約すれば健康な地球を子孫に残せます。これらの素晴らしいヒントで次世代の為に資源を節約しましょう!

水は最も貴重な資源のひとつです

水無しには生きていけません。世界の地図を見れば地球の70%は水で覆われていることが分かります。水をきれいにして家庭に届けるには大きなエネルギーと手間が必要です。我々のキッチンで毎日使う水の量を減らさなくてはいけません。

 

日本の平均的な人は毎日200リットルの水を使います。水は緊急に節約する必要があります。使わないときには蛇口を閉めれば節約できます。それで毎分6リットルもの水が節約できます。もうひとつのアイデアは排水管に貯まりを設けて植物の水やり、窓の洗浄や車をきれいにするために使うことです。

消灯

エネルギー効率の良い家にするためには、部屋に10~15分居ないときには電気を消すことを守ることです。この様な事をしなければならないことに疑問を感じたら、あなたや子供たちにとってのいくつかの利点を考えて下さい:電球の寿命が延びるし電気代が節約できます。蛍光灯を小型蛍光灯(CFLs)に交換する事も出来ます。

土壌侵食を防ぐ

土壌浸食は全ての地形に影響を与える自然現象です。基本的に水を風によって引き起こされます。私たちは土壌浸食を抑制するためにより沢山の木と植生を植えなければなりません。植生や木は生態系の美しさを保ちます。加えて、鳥や共生する植物や虫の住処となります。これは野生生物の生息地を作り、ある程度天然資源を節約します。

燃料効率のよい車を買おう

車による汚染は深刻な環境問題です。私たちは燃料効率の良い車(ハイブリッド車として知られる)を買わなければいけません、スモッグと汚染を50%減らせるからです。ハイブリッド車にすると化石燃料への依存が減ります。燃料効率の良い車はより少ない燃料で走れるので大気へのスモッグが劇的に減らせます。

結論

結論として、世界自然保護デーを祝うだけでは十分ではありません。私たち全員で 節約 して資源を守らなければいけません。日本の各地で水は不注意に無駄に使われています。同じ様に大気汚染の問題は深刻になっています。一番よい方法は地球を豊かにするためにグループで働き自然のバランスを保つことです。これは私達と私達の将来の世代のためです。